拙書「いい家づくりの教科書」の読者

塾長 釜中 明   平成24年12月3日


昨日(12/2)いい家塾 第15期生のOさんご夫妻が家族全員で相談に来られた。

4歳のお兄ちゃんと2歳の双子の妹の可愛い兄妹も一緒である。

ご夫妻は、まだ30歳前半の若いカップルでご主人が15期生として学ばれて先月卒業したばかりだ。

用件は、今は賃貸マンションに住んでいるが、木造戸建を新築したいとのこと。そして土地も探さなければならないという。

 

ヒヤリングシートに書いて頂くと大方の概要が把握できる。どんな住まいが欲しいのか色んな角度から尋ね、また家族の健康状態などもチェックする。今回は土地から探すので希望の地域も尋ねた。そしてなりより予算が重要ポイントである。資金計画やローンのアドバイスもし、希望地域が明確になったので予算に見合う土地探しをサポーターに早速依頼した。

 

ご主人から「講座は大変参考になった」と感謝されたので何処で存在を知ったのかと尋ねた。奥さんが、家造りをそろそろ考えていたので書店で本を探していたら拙書を見つけて購読したという。とても分かりやすく解説してあったので主人に講座を受講してもらったそうだ。

 

20107月、全国発売されたので各地から質問などお便りを頂いた。各地で講座を開設して欲しいという依頼はたくさんいただいた。また、建築の依頼も各地から寄せられたが遠方の為お応え出来ないのが残念である。

 

15期の受講生は拙書を読んで参加した人は多い。多くの方に後悔しないように真実を伝えたくて出版した甲斐があったと喜んでいる。

実際、土地の診断から家造りまでサポートする事で苦労や悩みもあるが、竣工した時は塾生と共に何倍も喜びと感動を共有することができる。当塾を始めて9年か経過するが開設して本当に良かったと思う。

 

来年25年の16期生の募集が始まった。2月から毎月第4日曜日11月までの10講座です。是非ご一緒に家造り全般について勉強しませんか。お待ちしています

Img_7458

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化学物質過敏症の恐怖

                             塾長  釜中 明

「いのちの林檎」という、ドキュメンタリー映画を観賞した。化学物質過敏症(CS)の主人公が、近所のゴルフ場に散布した農薬散布で息が出来なくなり、母と二人で呼吸のできる場所を探して車で旅に出る。まさに生死をさまようような過酷な日々を余儀なくされた若い女性の記録である。

遂に、水も飲めなくなり生命の危機に瀕した時、命を救ったのは医学ではなく無農薬で栽培されたりんごであったという。



同時に、ご自身のシックハウス体験をもとに、アレルギー科の吹角医師の記念講演があった。

化学物質過敏症の患者は70~90万人と推定され、原因の59%がシックハウスでトップだそうだ。吹角医師は、我が家を大手ハウスメーカーのDハウスで新築した。入居後家族全員がシックハウス症候群&化学物質過敏症になり大変な苦しみを体験された。現在、専門医として多くの患者の治療に貢献しておられる。



いい家塾では、日本住宅の五重苦のトップがシックハウスであると位置づけ、原因と対策を授業している。常々、シックハウス症候群や化学物質過敏症の存在と恐怖を知ってほしいと云ってきた余りにも消費者は無頓着で無防備であることに警鐘を鳴らしてきたのです。

リフォームや新築の我が家に入居後、シックハウス症候群になりさらに化学物質過敏症になる人が益々増加している。しかし、この危険な実態をマスコミは取上げません。それは原因物質の排出企業がメディアのスポンサーであるからです。



住まいには多くの石油化学製品が建材や塗料、接着剤、生活用品などに使われている。これがVOC(揮発性有機化合物)を発散させ室内空気を汚染し、シックハウス症候群の元凶になるのです

安易に高額な家を買う事の怖さを、この映画は警鐘を鳴らしてくれました。「賢明な消費者の輩出」が本塾の目的です。知らない事のつけを払う事の無いよう、自己責任で「良品と悪品」を峻別する消費者になる以外、残念ながら防衛策はなさそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな巨人「水谷ペイント」

いい家塾 塾長 釜中 明

4月12日、水谷ペイント㈱本社工場を「いい家塾」の関係者17名で訪問した。なんとも実りの多い見学会でしたのでレポートします。
ご縁は、昨年当塾が受注したN分譲マンションの大規模改修コンサルティングでした。その外壁塗装工事で採用した塗料が水谷ペイント社製の「ナノコンポジットW」でした。産官学共同開発で15年の研究の結果開発されたのです。ナノテクノロジーが環境対応と機能性を両立させた画期的な壁用塗料で、特許取得もされ「井上春成賞」受賞という大変優れものでした。
工事完了時、住民の皆さんが慰労会を開いてくださり、落合雅治理事長初め感謝の言葉を頂戴しました。
主な要因は、劣化診断から始まり最適な改修工事をしたことや、使用した塗料が大変好評だったのです。

さらに昨年末、産官学共同で「バイオマスR」という屋根用塗料の完成発表会にお招き頂きました。文字通り原材料は「生物資源の固まりで有機性の廃棄物」です。いわゆる「植物由来の資源」から誕生した画期的な塗料が完成したのです。
世の中の塗料のほとんどが石油化学製品から出来ています。石油由来は、人体に大きな負荷をかけるVOC(揮発性有機化合物)を発散させます。これがシックハウスの原因物質であり、シックハウス症候群や70万人以上といわれる化学物質過敏症で多くの人を苦しめているは周知の通りです。

私はこの素晴らしい画期的な商品の製造現場を見たい、そしてこれを造る人たちに会いたいと思い立ち仲間と訪問したのです。
第1部は工場見学とプレゼンテーション、2部はトークセッションというプログラムを組みました。
当日は水谷成彦社長初め10名の幹部社員が対応してくださいました。工場見学ではマル秘の現場も特別に見せていただきました。主要商品のプレゼンテーションでは上記2商品の開発技術担当者から 開発経緯を聞きました。とても真似の出来ない化学技術者のひたむきな情熱に感動を覚えました。

Img_8698
【トークセッションの様子】

来年創業90年を迎える水谷ペイントは、創業者以来塗料製造一筋に取り組んでこられたそうです。特に先進のテクノロジーを導入して、革新的な商品開発に特化してこられたとお見受けしました。長寿の秘訣がこのへんにもありそうです。
場内は、塗料メーカー独特の刺激臭を予想していたのですがほとんど感じなかった。水谷社長に質してみると、15年前に地域との協調を考えISO認証を取得し、周辺住民から臭わない工場だと喜んでもらっているそうです。

続いて両者のトークセッションを当塾が担当し、私のコーディネートで進行しました。
私の周りで「水谷ペイント」の名前を知っている人は皆無に近い。長い社歴と画期的な商品力がありながら知名度が低いのです。
冒頭、認知されていないのはなぜですか?と社長につっこみを入れたところ、「当社は業界30位なので知名度も低いのです。マスコミでコマーシャルや宣伝もしないからかア~・・・・・」と、困らせてしまいました。

塗料も多くの用途があるのですが、水谷ペイントは建築用塗料に特化しており、販売代理店が販売先ということでした。アサヒペイントのように、家庭用塗料なら直接消費者に販売するためCMも必要なのでしょう。

次に、シックハウスの事例やシックハウス症候群の苦しみなどを問題提起しました。私は「子供受難時代」だと指摘して、13万人の不登校の児童生徒の多くがシックハウスやシックスクールが原因で、シックハウス症候群や化学物質過敏症になり学校へ行きたくても行けない現実を訴えました。
人間の心身に大きなダメージを与える商品を排出することは許されません。企業も行政もこの責任を問われなければならないのにまったく野放しです。アスベストも遅まきながらようやく退場処分になりました。命と健康をけずる物は淘汰されるのは明白です。

私はVOC発生源の石油由来の建材や塗料、接着剤などの製品は近々販売できなくなると明言いたしました。
当塾は常に安全、安心、快適を基本に「いい家」造りのために、活動を続けてきました。対策として先ず自己防衛のために「良品と悪品」を峻別できる賢明な消費者を輩出する「いい家塾」の講座をはじめたのです。健全な消費活動が行政や住宅産業界を正しい方向に転換させるのです。

ようやく強い味方が現れました。まさに正義の味方です。植物由来の塗料の開発に成功した水谷ペイントさんに感謝と共に、今後もっと多くの人々に認知してもらう活動を期待してやみません。私は最後にバイオマスRの技術をもっと進化させて、業界30位から世界のパイオニアになって欲しいと期待を表明しました。宝石も世に出て初めて宝物になります。

P1100001
【水谷社長と】

久しぶりに本物に会えた気分になり興奮しました。私たちも応援します。と最後はエールで閉めました。
「大阪に水谷ペイントという小さな巨人が存在した」わくわくしながらの帰路、神崎川に満開の桜が「花笑み」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

著作本の出版


「後悔しない! いい家づくりの教科書」
副題 ~家族の健康を守る家を建てるために~ 

Photo

主婦の友社刊 四六版 224頁 1470円(税込み)です。
7月1日、書店の店頭に平積みで並び、長年の念願が叶いました。
8年前に、後悔する消費者を少しでもなくしたいと始めたNPO「いい家塾」の活動です。
卒業生は500名になりましたが微々たる数です。

家を買ってから、こんな筈ではなかったと多くの消費者が泣いてきたのです。
何とか、多くの消費者に「良品と悪品」を峻別する知識を持って欲しいと願ってきました。
そこで、いい家塾の講座の授業を1年がかりでまとめたのが頭書です。
この本を読んでもらえれば、あなたも「いい家」とはこんな家です。
「私はこんな家に住みたいのです」と明確に言えるようになります。
これが、この本を書いた最大の目的です。

主な内容は、目次を書きます。
第1章    家造に必要な、正しい知識と最新情報
第2章    丈夫な家づくりは、まず地盤から
第3章    日本の風土に合った木造軸組在来工法
第4章    自然素材をふんだんに使った健康住宅
第5章    適切な断熱施工で結露を防ぐ
第6章    あっと驚く欠陥住宅のいろいろ
第7章    さあ、家造を実践しよう
第8章    「いい家塾」卒業生のお宅訪問
ぜひ、お読みください。あの人に教えてあげてください。  塾長 釜中明 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬淵副大臣に提言書提出

塾長の釜中 明です。
2月20日、馬淵澄夫国土交通副大臣に「建築基本法」制定に向けて「提言書」を提出した。
昨年政権交代があり鳩山内閣が誕生した。
馬淵さんが国交省の副大臣に就任された事は大歓迎である。
理由は建設関係の専門家であり、この国の建設行政のあり方に精通しておられる点である。
耐震偽装事件を国会で追及したことでも証明されている。
また、企業や団体から一切の献金を受けない政治家としても有名である。
従来の官僚依存体質を改め政治主導の方針に大いに期待したい。

昨年の暮れ、馬淵副大臣から現在の基準法を抜本的に見直し新たに「建築基本法」を制定するとの計画をお聞きした。
私たち<いい家塾>のメンバーは「いい家造り」に携わるものとして、現行の基準法は建築現場で余りにも多くの矛盾点があることに悩んできた。
時代錯誤や制度疲労など多くの問題が存在するのである。

馬淵さんの言によれば、今まで検討されてきた「建築基本法」は基準法の足りない部分を埋めるだけの内容だったそうである。
今回は、そうではなくて「建築物、街づくり、都市計画まで含めた上位法」とする「建築基本法」を目論んでおられるとお聞きした。

これを受けて、<いい家塾>として日頃建築現場で感じてきた諸問題を列挙し、その改善策や新しい提案を「提言書」としてまとめて手渡しさせていただいた。
この国の国土計画100年の体系を構築して頂けるものと大いに期待しております。
「提言書」は長文なのでホームページにアップしますのでご覧ください。

Photo
【馬淵副大臣に提言書を渡す私と<いい家塾>メンバー】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贅沢な平屋で「終の棲家」

塾長 釜中明です。
12月20日、河内長野市で当塾がプロデュースした、いい家の完成見学会を開催した。
このお家は、9期生だったMさんご夫妻が長年の夢を実現させた、素晴らしい「いい家」が竣工したのです。
家の中心にあるリビングに20名を越える参加者が集まり建物の説明や内覧を行いました。

ちょうど1年前、昨年12月にMさんが「いい塾本部」に来てくだり、「終の棲家を平屋で造りたい」コンセプトは「シンプルモダン」です。と、明快に希望されたのです。この時点でMさんに満足して頂ける「いい家」が約束されていたのです。

それは、後悔しないために「こんな家に住みたい」「いい家とはこんな家」ですと、明確に言えるようになってから、初めて家造りがスタートですよ。と、講座で常々言ってきました。
後は、希望に沿う「オンリーワン」の「住み心地のいい家」造りは、当塾のネットワークで協働作業をする事で完結します。

参加者から、異口同音に「素晴しいお家ですね」と高い評価を頂いた。何より、Mさんご夫妻にお喜び頂いた事が何よりのご褒美と感謝でいっぱいです。

Img_6719
 【お施主さんとスタッフで記念写真】

参加者の一人「11期生の岩本さん」から感想文が寄せられたので当日の報告に代えます。

======以下、寄稿文======
これぞ、終の棲家 ― M邸の完成見学会に参加して
第11期生 岩本恵三

12月20日(日)、河内長野のM邸の完成見学会に参加させていただいた。お二人のお子さんが独立されたのを機会に、Mさんご夫婦の終の棲家として、築80年の家を建て替えられた新居である。木をふんだんに使ったとても贅沢な平屋だ。
感想は山ほどあるので、とても全部は書き切れないが、とくに印象に残ったことは次の2点。

ひとつは、家にあがらせていただいた瞬間の木の香りである。世間ではいまだに、鼻を刺す刺激臭が新築を象徴する臭いだという勘違いが根強いようだが、もちろんそんな刺激臭はまったくなく、かすかに漂う木の香りが心地よい。これが本来の新築なんだな、と思う。

もうひとつ、これにはとても驚かされたのだが、見学会の最中、家の中が寒くなかったことだ。当日は、小雪のちらつく底冷えのする日だったのに、用意されているのは小さなストーブがたったひとつだけ。その日は朝方でも暖房なしで14℃近くの室温があったそうだ。まだカーテンもなく、人の住んでいないがらんどうの新築にもかかわらず、この暖かさである。新築なので素足になるのは遠慮したが、スリッパを脱いで靴下のままでも足元から冷えは上がってこない。腰をおろして胡坐をかくと、床がほんのりとお尻になじむ感じ。セルローズファイバーと木の断熱効果を実感させられた。

他にも、鴨居や壁などの内装、引き戸や収納棚などの建具ひとつひとつにもMさんご夫妻のこだわりが行き届いていて、まさにオンリーワンというにふさわしいご自宅だ。キッチンの窓の高さは奥様の目線にあわせてあり、窓越しにのどかな風景が見渡せる。
いい家とは「住み心地のいい家」といういい家塾の定義を実感した。これからの人生を満喫されるであろうご夫妻の喜びが、木の香りとともに伝わってくる学びの多い見学会だった。Mさんのご主人と奥様、たいへんありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

M邸地鎮祭

塾長 釜中明です。
昨日、河内長野市で9期生Mさんの地鎮祭に参列いたしました。
ご両親から引き継がれた築80余年の家屋を建替えられるのです。
昨年12月に「終の棲家」を造りたいと、当塾にご依頼を頂きました。
広い敷地に「シンプルモダン」をコンセプトに贅沢な平屋を建築するのです。

前日から各地は前線が停滞し大雨でした。
当日も明け方まで土砂降りで大変心配しました。

午前10時、氏神さまである高向神社の神職が厳かに地鎮祭を修して下さいました。
前月には埋めもどす井戸のご祈願もして頂いていました。
私は開式にあたり「雨降って地固まる」と申し上げ、工事の安全と「いい家」を造ることを神前にお誓い申し上げました。
前途を祝うかの様に夜来の雨は無く夏空が輝いていたのです。

Img_5553_3

《いい家塾》では沢山の地鎮祭に立ち会ってきましたが、雨中での地鎮祭は1度も無いのです。天地の護法の神々さまの大きなご加護によるものと常々感謝いたしております。
7月のS邸に続き、2ヶ月連続の地鎮祭に感謝と共に使命感を新たにいたしました。 合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西演芸推進協議会

塾長 釜中 明です。

昨日NPO法人関西演芸推進協議会の総会に出席した。

この会は伝統芸能の振興や若手芸人の育成支援などを主な活動にしている。

一例は大阪市商店会総連盟傘下の各地域商店街に出前寄席を行い、商店街の活性化に協力している。

当会の推進役は千房株式会社の中井政嗣社長である。川柳「相合傘」の同人として中井さんから誘われて発足してまもなくメンバーになった。

 

総会の後、記念講演があり直木賞作家の難波利三さんの講演「てんのうじ村と私」が大変良かった。

現在の西成区山王1,2丁目界隈に50年前には約300人の芸人さんが住んでいたという。

その当時の芸人さんの生き様をえがいた「てんのうじ村」が第91回直木賞受賞になった。

200906192108_2

昔かたぎの芸人と現在の芸人の違いを解り易く解説された。

一芸に徹し単純芸を何十年も演じ続けることの大事を小説の主人公を通して語られた。

今の芸人はちょっと名が売れるとすぐ司会だ、東京だと移っていく。

伝統芸の落語や漫才を本業とせず単なる手段ぐらいの軽い動気ではじめる。

そんな腰掛程度の軽さの人間が多いと現状に危機感を語られた。

最後に「ワッハ上方」の今後について意見を述べられた。

 

1時間の講演はあっという間に終わり、久しぶりに本物のお話を聞き得をした気分になった。

内容もわかりやすいし、むつかしい言葉も一切無くやさしい語り口が聞く者に安心感と説得力があったのではないかと思った。

 

懇親会にうつり、相談役の藤本義一先生が乾杯の音頭をされた。

06年1月川柳「相合傘」主宰の中田昌秀先生の出版記念パーティーを私がプロデュースをした。

その時に主賓の挨拶をお願いしたとき以来であるが少しスリムになられた感がした。

200906192101_2

 

難波先生には先生著作の「大阪希望館」の演劇で長男利仁が主演を演じたことなどお礼を申し上げた。

 

おいしい料理とワインに久しぶりに心地よい酔いが全身を包んだ。スイスホテル南海大阪の35階から見る大阪の夜景はきらきら輝いていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

新年明けましておめでとう存じます

塾長: 釜中 明

良いお正月をお迎えのこととお慶び申し上げます。

今年は皆で明るい話題でこの国を元気にしたいものです。

住宅関係で明るいニュースが予想されます。

土地譲渡利益の減額措置で不動産市場の活性化策。

これにより土地が市場に出てきますので入手しやすくなるでしょう。

新築住宅購入後の優遇政策。

これは固定資産税を住宅取得後3年間、2分の1に減額する措置を2年間延長する。

住宅ローン減税と金利が安くなることなどです。

一方、大きいのは原油価格が30ドル台になり建築資材価格も安定するでしょう。

マイホームを計画中の皆さんにとって良い年です。

是非「いい家」をゲットしてください。

創立以来全力投球で昨年5周年を迎え記念事業を三つ行いました。

5月に市民公開講座。

11月に第3回シンポジウム「住宅ルネサンス」と銘打ち「七曜四季自然派200年住宅」のお披露目を致しました。

12月に「教育力を問う」と題して特別シンポジウムを開催しました。

ここまでがホップでした。

今年から5年間はステップです。

1月12日から第11期生の講座がスタートします。

いよいよ、「742長寿命住宅」の展開が始まります。

お蔭様で当塾に対する期待も大きくなってまいりました。

どうか、私たちの活動にご理解、ご注目とご支援をお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伐採祈願祭

塾長の釜中明です

8月6日から8日まで土佐の梼原町森林組合に行ってきました。

いい家塾の念願が又ひとつ実現したのです。

塾生の家造りに、自分たち家族の手で大黒柱の木を伐採するのです。

19年10月21日のブログで書いていますのでご参照願います。)

Photo

    (梼原町森林組合前で記念撮影)

その第1号はNさんご一家です。ご夫妻は第3期の修了生でした。

箕面で新居を建築すべく、今基本設計が終わった段階です。

 

6日午後到着し工場見学や打ち合わせの後宿に行きました。

今日の宿は、農家民宿「かわい」です。

昨年第2回目のバスツアーの時、昼食を頂いたところです。

その料理がおいしかったので、2日間お世話になりました。

 

今日と明日、高知県の産業振興の企画で、高知放送のTV取材がありました。

9月28日、30分番組で放送される予定です。

 

7日、今回のメインイベントです。

伐採する山の所有者はなんと梼原町の町長さんでした。

私たちは、先ず庁舎にご挨拶に行きました。

会議中でしたが町長室で私たちを歓迎して下さいました。

当塾の取り組みを大変喜ばれ、今後もお互いに協力して行きましようと握手を交わしたのです。

Photo_2

    (梼原町の町長室で中越町長と)


さて、伐採現場には宮司さんたちが待っていました。

あいにくの雨が降り出し傘を差して「伐採祈願祭」が厳修されました。

祝詞とお清めの神事の後、斧で3箇所祈りを込めて斧入れの儀式を行いました。

先ず、Nさんの家族、続いて私、そして山本棟梁。

いよいよ、梼原町森林組合 西村部長が、チエンソーの見事な手さばきで伐採してくれました。

Photo_3

      (祈願祭の準備風景)


誠に感動的でなんとも言えない荘厳さを感じました。

Nさんご夫妻もTVのインタビューに答え「ただただ感動です。

長い年月この山で育った樹木が、我が家の柱となって長い年月支えてくれる。

同行の長男が、この感動に立会い家を守り引き継いでくれるでしょう」と喜びを語っておられた。

 

ここに、私の願いが又ひとつ叶いました。

この家は100年以上にわたって住める家です。

Nさんご一家は我が家を大切に、子から孫に何世代にもわたって引き繋いでくれるでしょう。

家の重みが家族の絆を深め家の歴史を創っていくことを願って当塾を創設しました。

具体化として「いい家」造りのお手伝いをしているのです。

 

「人は家を造り、住まいは人を創る」

いい家の大切さをもっと多くの人に知ってもらいたい。

暑い夏に、さらに私の心は熱くなりました。

土佐の皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

事務局 | 山本啓二 | 山本容子 | 山田 | 木津田 | 藤原 | 釜中