負けて覚える

先日、朝日新聞に高校時代の恩師の記事が載っていました。

長年、高校野球の発展に尽くした事が認められ、『育成功労賞』を

受賞されたとのこと。

試合の中で選手に課題を見つけさせようと、

積極的に強豪チームとの練習試合を組み、

負けても誇れる試合をして欲しいと指導。

「受賞はまわりの方のおかげ。出会いに恵まれて

今の自分がいる。」と先生はおっしゃる。

高校を卒業してから38年、今でも先生にはお世話になっていて、

二世帯住宅を建築中です。

『出会いを大切に』という先生の教えは、今も私の仕事に生かされ

続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木の上の新居

私の事務所の入口横に落葉樹があります。

今は緑色の葉っぱがとても鮮やかで、日差しを遮ってくれています。

先日その木に2羽の鳥がやってきて、なにやらキョロキョロと

様子をうかがっているなぁと思っていたら、その何日か後に

家造りをはじめました。

鳥の家造りがどんなものか、間近で見るのは初めてで、

興味津々で一部始終見ていました。

小枝を拾ってきて一本一本積み重ねて造るのだろうと

思っていたら、時代の流れというか何というか、

人間が自然界に及ぼす影響がこんなところにも現れていました。

『ビニールひも』です。

一本の長いビニールひもを拾ってきて、

クチバシでたぐり寄せてはズルズルと下に垂れてしまう事数回。

小枝とビニールひもの見事な新居が出来上がりました。

次は新しい家族が増えるのを楽しみにしています。

大きな感動と少し複雑な気持ちが入り交じった出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4の付く日

毎月4の付く日が、私のブログ担当日。

この前書いたところなのに???

気が付くと前回よりすでに10日が経っている事になる。

歳をとると1日が早いって本当なのか、

一年、一週間、一日が、年々早く感じるようになってきた。

仕事も一生懸命、息抜きも一生懸命?にバランスをとりながら

住む人が『ホッ』と一息のつける家造りに今日も取り組みました。

※最後が無理矢理こじつけ?!・・・今回は許して頂きましょう。

藤原でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新築5年で改造!?

今、お世話になっているお客様は、新築5年目のお客様。

某大手ハウスメーカーで建てられたそうです。

私とは2年前に増築工事をさせて頂いてからのお付き合いで、

今回はキッチン、リビングの改造を依頼されました。

奥様はとてもきれい好きな方で、いつ伺っても家の中はピカピカ☆

なのになぜ5年で改造?一般庶民には最初理解できませんでした。

よくよく話を伺うと、新築時には『主婦の城』でもあるキッチンを始め

細かな部分に奥様の意見が反映されなかったそうです。

最終的にはメーカーが勝手に進めていった。という気持ちが残り

満足のいく住まいではないとのこと。

だから、改造するとはなかなか言えないのが世の中の現状だと

思えば、いらっしゃるのですね!世の中にはいろいろなお方が!

自分の物差しで判断してはいけないと、改めて考えさせられました。

それに、お客様に納得し、喜んで頂ける家を建ててこそ味わえる

達成感。いつまでも、忘れてはならない気持ちですね。 藤原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産材

いい家塾にかかわるまでは、ほとんどの構造材は

米松で施工していました。

今回初めて構造材を高知県産の杉で上棟する事になり、

正直なところ少し不安がありました。

大工の性で、実際に目で見、手で触ってこそ納得がいくのですが、

その不安も上棟日に吹っ飛びました。

強度は言うまでもなく、赤みが多く、くせが無く、

何よりも軽さに驚かされました。

組み上がった家を見ても、米松に劣らずずっしりと重量感があり、

いい香りが漂ってきました。

仕上がっていくほどに楽しみが増える家です。

もっともっとこれからは国産材をふんだんに使っていきたいと

思います。藤原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◇私の大切な『タカラモノ』◇

23日は娘の26回目の誕生日でした。

今は離れて1人で生活しているので、いつも心配しています。

親というのは子供が何歳になっても気になるものですね。

娘が生まれた日は今でもよく覚えていますが、

快晴で、あるお家の丸太加工をしている時に

「3660gの元気な女の子やで!」と

電話があったことを思い出します。

そのお家も「26年がたったんだなぁ」と

娘の誕生日が来るたびに思います。

子供と同じで、新築であろうと、リフォームであろうと

自分が手がけた家は何年経っても思い出されます。

どちらも私の大切な『タカラモノ』です。 藤原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~桜吹雪~

昨日は春の嵐のような風が吹き、

満開だった桜の花びらもはらはらと舞い落ちてしまいました。

桜吹雪に酔いしれながらも、建築現場ではお施主様が飛ばされそうな勢い!!

あぶない、あぶない・・・

有り難いことに、ゆっくりとお花見を楽しむ余裕もないくらいの忙しさ。

しかし、常に気持ちも豊でありたいと思い、本日お客様の作品展(陶芸)に足を運びました。

家も陶芸も、作り手の気持ちが込められている点はどれも同じ。

初心に帰り、日々家造りに取り組んでいきます。

以上、作り手の独り言でした。 藤原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪戦苦闘!

近年(と言ってもだいぶん経ちますが・・・)PCがめざましく発達し、

世の中に情報が飛び交う中、メール、HP、ブログ等々、

ついていくのがやっとな日々。(ん?ついていけてないかも?)

FAXでさえ未だにすごい!と感じているのに・・・こんな私が

ブログデビュー!!!信じられない世の中になったものです。

先日、能登半島地震で、歴史ある輪島塗が

代々受け継がれてきた方の倉庫が傾き、

解体せざるを得なくなったニュースを見ました。

あまりにも残念な事で、こみあげてくるものがありました。

持ち主の方のお気持ちをお察しします。

古い家には筋交いが入っていなかったり、

筋交い端部の接合が甘かったりする場合があります。

地震が起きないと言われていた場所での地震。

今後は起きない場所はないと考えを改め、

耐震について今一度考える時かもしれませんね。

最後に、被災に遭われた方にお見舞い申し上げます。

また、一日も早い復興をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

事務局 | 山本啓二 | 山本容子 | 山田 | 木津田 | 藤原 | 釜中