箕面「後悔しない家造り勉強会」開催します。

随分久しぶりの更新になってしまいました。

これからはイベント情報を中心に更新していきます!
「後悔しない家造り勉強会」
〜夏暑い、冬寒いを解決する家造りと最適なリフォームの仕方〜
いい家塾は、住み心地のいい家とは「夏涼しく冬暖かい健康住宅」と定義し実践してきました。
多くの方の悩みであり永遠のテーマである「暑さと寒さ」。最適な自然素材を使い究極の断熱施工をすればエアコンに頼らなくても室内環境は驚くほど快適になります。自然素材に囲まれた健康な日常を送るための家造りの方法をお伝えします。

日 時:平成29年2月12日 (日)13:00〜16:30
場 所:箕面文化・交流センター 地階 多目的室2
   【箕面市箕面6-3-1】阪急箕面駅 徒歩すぐ 
定 員:20名
参加費:500円
講師:釜中明 (一般社団法人 いい家塾 代表理事 塾長)

事前申し込み制となります。必要事項(1 氏名 2 住所 3 電話番号 4 e-mail 5 参加人数 )をいい家塾 事務局 までお知らせください。

参加費は当日受付でお支払いください。

お申し込みお問い合わせ
大阪市天王寺区生玉寺町1-13 サンセットヒル6F
一般社団法人 いい家塾
電話:06-6773-3423
f a x:06-6773-3420
mail: info@e-iejuku.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鬼に訊け」上映会&トークセッション開催!

こんにちは。事務局 釜中悠至です。
11月8日は「いい家の日」ということで、いい家塾では様々な企画で「家」に関する企画を開催してきました。

今年は1部で「鬼に訊け〜宮大工西岡常一の遺言」というドキュメンタリー映画の上映会を、2部でトークセッションを行います。

西岡常一さんは幼少時から祖父であり宮大工の棟梁をしていた祖父から、棟梁としての教育をうけてきました。法隆寺、薬師寺などの再建に棟梁として関わり、宮大工としては初めての文化功労者にも選ばれています。

この映画は、寺院建築の技術を後世に伝えるために尽力し、「最後の宮大工」と称された西岡棟梁の想いが詰まったものです。

2部のトークセッションは、コーディネーターに大阪市立大学大学院の小池志保子先生。 パネリストには薬師寺の安田暎胤長老、「鬼に訊け」の監督でもある山崎佑次監督、塾長の釜中明です。

豪華な顔ぶれでお送りします。
ぜひ会場にお越し下さい。

日   時:平成24年10月28日(日)13:00〜16:30
会   場:住まい情報センター3階 ホール
参加費:1,000円

お申し込み、お問い合わせはいい家塾 事務局まで。
電話:06−6773−3423
mail :info@e-iejuku.jp

Oninikike1028_01_2


Oninikike1028_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月5日の市民公開講座神戸編

こんにちは。事務局です。

11月5日に神戸の日本真珠会館で市民公開講座を開催しました。

参加して下さった皆さん、講師の先生、どうもありがとうございました。

今回は第1回目、次回は11月13日(日)に開催します!

13日の講師は

「会場案内」アトリエ2馬力 吉田公彦氏
「省エネの家造り」胡桃設計 木津田秀雄氏
「いい家塾の使命 〜家造り5つの決めて〜」塾長 釜中明
「住まいと色彩」 桶村 久美子氏

オプションツアー
「神戸居留地まち歩き」

引き続き参加者募集中です。

皆さん是非ご参加ください。

「チラシ」
http://e-iejuku.jp/_userdata/115kobe.pdf

今日は写真で第1回の様子をご紹介します。

【会場:日本真珠会館】
021

神戸旧居留地の端にあります。
レトロな感じの建物です。


【建物説明】
036
光安義博さんから説明をうけています。


【建物説明2】
041
実際に案内していただきました。
この建物は光安義光さん(講師の光安さんのお父さまです)が設計されたものです。
「知られざる名建築家」として、数々の建物の設計をされています。

【塾長:いい家塾の使命〜家造り5つの決めて〜】
051

【吉田公彦さん:断熱の重要性】
068
模型と断熱材のサンプルをもとに丁寧に説明していただきました。

【前出英子先生:収納とリフォーム】
081
住まいの総合アドバイザー、前出先生が主に収納についてのお話しをオモシロく講演!
笑いながら勉強できるあっと言う間の一時間でした。

【中庭】
087
かなりいい感じです。
憩いの場ですね!

当日はあいにくの雨模様で、予定していたまち歩きは中止に。
とても残念ですが、楽しみは13日に持ち越しということで。

お申し込みお問い合わせはいい家塾事務局まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸で開催!後悔しない家造り講座 

こんにちは
事務局です

今日はイベントのご案内です

11月5日(土)、13(日)に神戸で<いい家塾>主催の勉強会を開催します

こんなはずではなかった!後悔しないための家造り講座【神戸編】
 (詳細はチラシをご参照ください)

いい家の日を記念して2日間行われる今回の勉強会
それぞれ面白い内容を企画しております

前出英子さん「リフォームと収納」
http://www.e-splan.com/

桶村久美子さんの「住まいと色彩」
http://www.shikisai-ok.com/

などいい家塾でも大人気の講座に加え、塾長の基調講演

光安さんによる会場「日本真珠会館の案内」

サポーターの吉田公彦さん、木津田秀雄さんの講義もあります。

1日参加は1,000円、2日とも参加の場合は1,500円です。

勉強会終了後は神戸居留地のまち歩き企画もあります。

お申し込み、お問い合わせは、いい家塾事務局まで。

皆さんの参加をお待ちしております!

20111012134711_00001

20111012134711_00002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災地東北へ

こんにちは。事務局です。
7月27日から東北へ行っていました。

3月11日に起こった地震からもうすぐ5ヶ月。
大阪にいる自分はどんなことができるのだろうか・・・
と悶々としておりましたが、やっと自分なりの関わり方がはっきりしました。

親をなくした子どもを、自立するまでの間支援する団体をつくり、そこの事務局をさせてただくことになりました。
建物は、現地で所有者から提供していただいたり、新しく建築する予定となってます。

詳細は暫定的ですがWebサイトに上がっております。

「子ども達の自立を支援するネットワーク(NPO法人申請準備中)」
http://sncss311.jimdo.com/

今回はその視察をかねての工程でした。

メディアを通してではわからない現状が見え、有意義な時間となりました。
写真を中心にご報告です。

【蓮笑庵にて】
Img_9416


Img_9460

福島県田村市にある、民画家の渡辺俊明先生の画廊、工房、ご自宅です。
先生は平成17年にお亡くなりになりましたが、先生の残された作品や、想い、自然をそのままに使った建物や庭は健在です。
奥様の仁子さんが今回の支援活動に協力をしてくれております。

「蓮笑庵」
http://www.renshoan.com/

その後、同じく田村市で土地を提供してくれる方を訪問。
関わる方みなさんがいい人で温かい気持ちになりました。
「支援」なんて言ってますが、どちらが勇気をもらっているのかわかりません。


【ムトーの家】
Img_9524

宮城県にある「ムトーの家」です。
提供してくれた武藤さんには本当に感謝です。
これからどのような動きになるか楽しみです。

【沿岸部の写真】 
Img_9571

津波にやられた沿岸部にいくと景色は一変します。
ハード面だけ見ると、津波があった地域とそうではない地域の差は歴然です。
上の写真は塩害で枯れたスギです。

くっきりわかれているのが印象的です。
手前には家が建っていたり、生活があったと思われますが、今はその面影すらありません。

Img_9580



Img_9582


【唐桑】
Img_9592
漁業、気仙大工などで有名な唐桑半島にも行ってきました。
ここも他の沿岸部同様、津波にさらわれた地域は見るのもつらい状況でした。

今回は、福島→宮城→岩手の三県を車で移動。
一見被害がなさそうに見える地域もありましたが、数万人が亡くなった今回の震災。
心におった傷ははかりしれません。

人はすぐに忘れるものですが、忘れてはいけないことはあります。
今回の震災も世界中の方が支援の手を差し伸べたことには感動しました。

ただ、復興、再生は短絡的なものではないと思います。
被災地から比較的遠くにいる我々は、長期間、地に足のついた活動で一緒に歩んでいく覚悟が必要です。

みんなが、早く、心の底から笑顔になれますように。

Img_9432

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぼっててすいません

こんにちは。事務局です。

久しぶりの記事です。

思えば前の投稿が4月29日・・・2ヶ月半も放置してしまいました。
すいません!

さて、その間いろいろとありましたが、写真のある物をダイジェストで。

【瓢箪山の家、上棟】

Img_9270


Img_9290

前回の投稿でも登場した「瓢箪山の家」
無事に上棟を終え、構造見学会を終え、工事が進んでおります。

上の写真は塾長が棟木にお施主さんの名前や担当者の名前を書いているところです。

良い記念になりますね!

棟上げの日は前日まで土砂降り。

天気が心配でどきどきしてましたが、当日は雨も降らず予定通り棟上げができました。

Iさん、おめでとうございます!
完成が楽しみですね。

【打ち合せの横で】

Img_9304

このかわいこちゃん二人は現在計画中のお施主さんのお嬢さんです。

かしこいし、かわいいし、メロメロになってます。

私の担当はこの娘たちと遊ぶこと。
贅沢な仕事だこと。

ちなみにこれは、おり紙でパンダとか作ってる所です。
にんじん、だいこん、かばんも作れます。
自由自在!

おままごととか、りかちゃん人形とか、ファッションショーとかもしてます。

とても楽しいです。

【蒜山(ひるぜん)へ調査】

Img_9308

岡山県にある避暑地、蒜山に別荘の調査に行って来ました。

ごらんのとおり屋根がバキリといってます。
昨冬の大雪の重みで破損してしまっということです。

瓦が重い上に、勾配がゆるいんで雪の重みに耐えれなかったんでしょうね。

次の冬にはきちんと耐えられるようお治しさせていただきたいです。

さて蒜山ですが、私は行くのが初めてだったのですが、景色、環境が最高の場所でした。

今日の大阪は34℃・・・
蒜山は29℃らしいです。

風も気持ちいいんやろうな。

ということでとりあえずここまでにしておきます。
なんやかんやとあったんですが、どうもブログはサボってしまいがち・・

どうもすいません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地鎮祭

こんにちは。
事務局 釜中悠至です。

本日4月29日は「昭和の日」
今日からゴールデンウィークの方も多いんじゃないでしょうか。
とてもいいお天気ですしおでかけ日和ですね。

私は午前中から地鎮祭に参加してきました。

式を執り行っていただいたのは生國魂神社さんです。
事務局の近所にある由緒ただしい神社で「いくたまさん」と呼ばれ親しまれています。

いい家塾では、地鎮祭を執り行う際、できるだけいくたまさんにお願いするようにしています。理由のひとつは、いくたまさんに「家造祖神社(やづくりみおやじんじゃ)」というお社があるからなんです。日本で唯一の家造りの神様で、豊臣秀吉が大阪城建築の際に創った神社とのことです。

地鎮祭では建築現場に行く前に関係者がいくたまさんに集まって本殿と家造祖神社にお参りします。

Img_9042
【家造祖神社】
権禰宜の小松さんから神社の由緒を説明していただきました。
建築だけではなく、家内安全のご利益があるそうです。
お施主さんご夫妻と娘さん夫婦、お孫さんも参列しくださいました。


Img_9051
【地鎮祭】
現地に移動して地鎮祭です。
地鎮祭が行われるようになったのは藤原時代とのこと。
「とこしずめのまつり」とも言われます。
神道の考えでは日本の国土はすべて神様のもので、その土地に家を建てる時には神様に祈願します。いくたまさんにはいつも丁寧にわかりやすく執り行っていただいてます。

Img_9116
【大阪平野一望!!】
今回の建築現場の最寄り駅は瓢箪山駅で、徒歩20分ぐらい生駒山の方に上がったところにあります。そして現場から歩いてすぐのところに大阪平野を一望できるスポットが!
良い景色!
はるか昔は海(河内湾)だったそうです。

これから家造りが始まります。
お施主さま、今日は本当におめでとうございます。
いい家が出来上がるのが楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実習編 日本民家集落博物館

こんにちは。釜中悠至です。

4月24日(日)いい家塾の14期 第3講が開催されました。
今回は実習編として豊中市の服部緑地公園にある「日本民家集落博物館」に行ってきました。前日まで雨が降っており、天気が不安でしたが当日は雨も止み良いお天気でした。

会場の説明を少し。
ここは、日本各地の代表的な古民家を移築復元し、関連民具と合わせて展示する博物館。1956年(昭和31年)に日本で最初に設置された野外博物館です。施設内には17世紀〜19世紀に建築された12棟の民家が復元されています。

(日本民家集落博物館)
http://www.occh.or.jp/minka/institution.html

いい家塾では過去に2回、同じように実習編としてここに訪れています。
いずれも参加された方から好評で、今回も楽しみにされていた方が多数いらっしゃいました。

018
【入り口:河内布施(大阪府)の長屋門】
いきなりいい雰囲気です。
18世紀中頃の建築。
寄贈者は、「塩爺」の愛称で有名な元衆議院議員 塩川正十郎さんです。

020
【飛騨白川の民家前で】
今回はボランティアガイドの高田さんが館内を案内してくださいました。
2時間の説明でしたが、建築のことはもちろん、各地の風土や風習なども丁寧にお話してくださり、アンケートには「思いもかけず民俗学の勉強にもなった」
と書いてくださる方もいました。
ほんとうにありがとうございます。

028
【いろりを囲んで】
古民家の維持にも欠かせないいろりです。
煙が茅葺き屋根の防虫、防腐対策になります。
最近は火を見る機会が少なくなりました。
昔は家庭の中心に火があって、そこに家族みんなが集まってたんですよね。
参加した子供も良い経験になったと思います。

110
【大和十津川の民家】
1823年建築の民家です。
この建物、サポーターの山本啓二さんの故郷三重県熊野の建物とそっくりなんだそうです。軒の下にある板は風雨対策とのこと。
いろいろと考えて建築されているんですね。

098
【受講中!】
最後はカルチュア服部という施設内の貸会議室を借りて講義です。
塾長のアイスブレーキング、山本啓二さん、吉田公彦さんの講義と続きます。

最後まで皆さん真剣に話を聞いてくれます。
スタッフとして、こんな嬉しいことはありません。

さてこの博物館は、大阪にいながら2つの普段では体験できない大きな広がりをもってます。

ひとつは、地域としての考え方。
建築物にはその地域の特性が顕著にあらわれます。
気候や建築資材、どんな仕事で生計を立てているのか。
実際に現地に行かないとわからないことも多いですが、ここでは民家をとおしてその片鱗にふれることができます。

ふたつめは、時間軸の考え方。
300年前の建物が元気な姿で残ってます。
服部緑地は周りに高い建物も少なく、緑が豊富です。
なので何となくタイムスリップしたような感覚になります。
(バーベキューの匂いと、野外音楽堂の音楽は少し気になりますが・・・)

同じような建物を建てるのは法律上や資材の調達など難しい面がありますが、現代の生活スタイルに合わせた家を建てるのにも非常に参考になることが多いです。

ここにある建物は有力者やお金持ちの人の建物が多いので、これから家を新築する人や、今ある家を改修して住まれる方にとって規模が少し違うかもしれません。
ですが、戦後の住宅不足の時代と違って、今は一応は、建物は足りている状態です。
そんな状況で家を建てるんですから、やっぱり短命な住宅ではなく、長期間住み繋げる家を建築してほしいな、と感じてます。

50年以上経てば(登録)文化財の用件をみたすんです。
そんな素敵な家を造ってください。

ちょっと脱線しましたが、33名の参加者で、無事にイベントを終了できました。
ご協力いただいた博物館関係者のみなさん、参加者のみなさんどうもありがとうございました。スタッフの方もお疲れさまでした!

次回のいい家塾は、5月22日(日)11:30〜 
会場は「大阪市立住まい情報センタ−」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14期第2講終了しました

こんにちは。事務局です。
毎年この季節になると
「早く桜咲かへんかな〜」とソワソワしてしまいます。
(なによりお花見でお酒を飲むのが楽しみ)
誕生日が4月ということもあり、春は一番好きな季節です。
とはいえ今年は震災のこともあり、浮かれ気分にはなかなかなれません。
早く暖かくなって被災地が少しでも過ごしやすくなればと思う日々です。

さてさて、昨日いい家塾の14期 第2講を開催しました。
Img_8607

プログラムは
「アイスブレーキング」塾長
「資金計画 ローンについて」岩鶴祥司さん
「構造を何にするか」塾長
「いい家塾の家造り」事務局
「不動産取引の注意事項」大谷康男さん

今回も長時間の講義でしたが、皆さんに最後まで真剣に受講してくださいました。
ほんと、主催側の人間としては嬉しくてたまりません。
次回は4月24日(日) 外部実習で「日本民家集落博物館」へ行きます。
楽しみ! 

【日本民家集落博物館】
http://www.occh.or.jp/minka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梼原町バスツアー

こんにちは。事務局 釜中悠至です。
東日本の震災からは10日が経ち、被災の全容が徐々に明らかになってきました。
一日でも早く不明者の安否が解明され、避難所で暮らす皆さんの不安が取り除かれることを祈っております。

3月19日、20日と高知県の梼原町へ伐採祈願祭をしに行ってきました。
震災の影響で開催するかどうか悩みましたが、物見遊山で行く訳ではありません。
こんな時期だからこそ新しく造る家には大きな愛着をもってほしい。
長い年月をかけて育った木の命をわけてもらうという意味を知るいい機会になったと思います。

一日目、大阪から6時間かけてバスで梼原町へ。
森林組合で工場の稼働を見学した後に今回伐採する現場へ向かいました。

3f4dc1fc

この木は近くに住む酒屋さんの木ということです。
誰がいつ植えたかというデータは森林組合で管理されており、必要な量を適正な時期に伐採するようになっています。
今回の木は樹齢50年とのこと。

3ee9fcb2

お施主さんの斧入れ。
お孫さんと一緒に参加してくださいました。

この後は職人さんがチェーンソーを使って切り倒しました。
やっぱり近くで見るとすごい迫力!

普段は製材された木しか見る機会がありませんが、家造りに使われる木がどのような山に生えていて、どのように伐採、加工されてやってくるのかがよくわかります。

今回伐採された木材が「いい家」を支える材料になります。
完成が今から楽しみです。

◇梼原町森林組合のHP
http://www.yusuhara.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

事務局 | 山本啓二 | 山本容子 | 山田 | 木津田 | 藤原 | 釜中